現代医学の顔面神経麻痺の治療法

顔面神経麻痺はほっておいても75%が自然に治ると言はれております。早ければ数週間以内に治癒するものもあります。しかし、病状の程度や治療時期の加減で、予後に大きく影響することもあります。

現代医学ではまだ特効薬はなく、発症直後には、一般的に副腎皮質ステロイドや抗ウイルス剤の点滴、星状神経節ブロックなどを行い、改善されなければ、血流改善剤、ATP剤、ビタミン剤や神経賦活剤などが薬が処方されます。

顔面神経麻痺は時間が経てば経つほど、治りにくくなり、後遺症が残ります。したがって、麻痺が起こった早い内からの治療がベストであり、一年以上という治療期間を経て、完治する患者さんもいますが、発症してからの半年前後が勝負のわかれ目だと思います。

現代医学で用いる顔面神経麻痺の治療は、まず第一に薬物療法が選択されます。特に発症直後には、連日(約2週間程度)点滴を行い、治療効果を高めます。治療薬としては、副腎皮質ホルモン、血流改善剤、ビタミン剤や神経賦活剤などが主として用いられます。

また、点滴を行いながら混合ガス(二酸化炭素5%を混合した酸素ガス)を吸入し、顔面神経への血流の流れを改善させ、更に治療効果を高める方法もあります。

星状神経節と呼ばれる自律神経の神経節に局所麻酔剤を注入し、やはり顔面神経への血流の流れを改善させることも同時に行うことがあります。この治療方法を星状神経節ブロックといいます。多くのペインクリニックでこの治療方法が取り入てます。

これらの治療で改善をみない例、あるいは陳旧性の顔面神経麻痺の場合、顔面神経管開放術などの手術的治療の対象となることもあります。

鍼灸治療で顔面神経麻痺を克服 (ここをクリックしてください)


 

Produced by ACURA Acupuncture Clinic ( www.acuraclinic.com )
このウェブサイトはアキュラ鍼灸院の提供によりお送りしております。